Café Ars 手仕事(アルス)を味わい、癒される。美しい生活のためのカフェ

 目の前にそびえる浅間山。ひたすら青い空。カフェを取り囲む麦畑。中庭に茂るハーブ。ルヴァン美術館の脇道から門をくぐり抜けると、そこには小さな別世界が広がります。観光地の喧噪から離れたこの一角にあるCafé Arsは美しい生活を求める人たちのために、静かに始まりました。

 Café Ars の“ars[アルス]”はラテン語でartの意味。英語よりも意味が広く、人の手が作り出す営み・文化全体を指します。Café Ars の目指すところは、美しい生活です。手仕事を大切にし、そこから生まれるものを分かち合い、その中で自分をリセットして整えていく。その循環のなかに美しい生活が生まれるとわたしたちは考えます。

 この循環を作り出すため、Café Ars は心身ともにリセットできるようなメニューを提供します。非日常的な時間と空間の中、静かに満たされていく感覚を味わうことで、短い滞在でもリフレッシュいただけると思います。

 また味わうだけではなく、メニューで提供するパン、バター、ハム、ベーコン、アイスクリームなどを一緒に作るクッキングリトリートを時々開催します。ふだん作ることのないものを、じっくり時間をかけて一からつくるひとときはわたしたちの生活から失われていたものを取り戻すひとときでもあります。

 Café Arsのある場所は、もともとクリエイター(障がい者)とアトリエリスタ(支援員)、デザイナーの共同作業の手仕事から作品を生み出すartの現場RATTA RATTARRのギャラリーとして始まりました。美しいデザインを生み出す工房と繋がっているからこそ、この場所はわたしたちを別世界へいざなうのです。

 中庭を挟んだ向かいは手仕事によって生み出された家具や道具に囲まれたNATUR Home & RATTA RATTAR。NATUR Home & RATTA RATTARは、美しい生活のイメージを静かに膨らませる場所でもあります。時間という人の手の及ばない加工が施されたアンティークの道具たちの魅力が引き立つのも不思議と手仕事に囲まれた場所です。RATTA RATTARRデザインの作品を購入し、日常生活にここで過ごしたひとときを持ち帰ることも出来ます。

 そもそも軽井沢は宣教師たちが、日々の仕事から一歩退き、英気を養うリトリートの場所として始まりました。北欧の人々がサマーハウスで過ごすようにあえて自然の中での簡素な生活を選んだのです。ここにそれまでの日本人が知らなかった美しい生活がありました。夏だけではなく、年間を通じて賑わうようになった軽井沢ですが、もう一度原点に触れる小さな試みをCafé Arsで出来たらと思っています。

<営業日・時間>
木曜日 11:00-14:30 L.O 14:00
金曜日 11:00-14:30 L.O 14:00
土曜日 10:30-16:00 L.O 15:30

<連絡先>
CAFÉ ARS
カフェ アルス
389-0111
軽井沢町長倉957-63
電話0267-31-5180
email [email protected]

<最新ニュース>
@cafears